キャリア形成

「当社を支えるエンジニア」を育成する3つの教育制度

<技術力><知識力><人間力>の3つの観点より、【人としての成長】をサポート!

多くの企業でも、技術レベル・知識レベル向上の研修を実施しています。
勿論、これらの教育制度は、技術者として必要なスキルです。
しかし、技術と知識を活用するには、”リーダシップ”・”フォロワーシップ” などの「人間力」の成長が必要になってきます。
「人間力」の伴わない、技術と知識は、”宝の持ち腐れ”でしかありません。
当社の人材育成は、<技術力><知識力><人間力>の3つの観点より、
「人として成長してもらう事」を主たる目的としています。
様々なプロジェクトで ”リーダーシップ” を発揮し、『一人ひとりの主体性が相乗効果を発揮する』、
そんな会社を目指し、人材育成に取り組みます。

<技術力>研修

「当社のSEやPLの技術者」が、それぞれの実務経験を生かした『実践向け技術』を指導します。

当社PGによる新人教育のコーチング風景

<新人>
『3ヶ月間』のJava技術研修

当社の新人教育は、新人1名に対し現役エンジニア2名が「コーチャー」となり 3ヶ月間「コーチング」を行います。
その運営管理には、「教育運営チーム」が コーチャーの指導方法が適正か?新人のモチベーションは? 等のフォローに当たります。

写真:
当社PGによる新人教育のコーチング風景
フレームワーク研究会での講習風景

<プログラマ(PG)>
プログラミング技術の向上、および、SEへのステップアップ教育

プログラミング技術の向上はもちろん、SEへ成長する為に必要な「人に伝える力」を身につける為の研究会も実施しています。

写真:
フレームワーク研究会での講習風景
社内システム開発での講義風景

<システムエンジニア(SE)>
設計能力の向上、および、PLへのステップアップ教育

設計能力の向上を目的とした上級SE研究会や、社内システム開発を通じて上級SE~PL業務を体験し、さらなるスキルアップを図ります。

写真:
社内システム開発での講義風景
プロジェクト運営研究会での打ち合わせ風景

<プロジェクトリーダ(PL)>
プロジェクトの立ち上げ、マネージメント、運営についての教育

プロジェクトリーダとして必要な顧客提案能力やチームマネジメント能力の強化を目的とした、「要件定義~納品~運用・保守管理」までを想定したプロジェクト運営研究会を実施しています。この研究会を通じて部下の育成能力なども強化します。

また、外部講師を招き、『LEGO』を使用した「プロジェクト運営実践セミナー」も開催予定です。

写真:
プロジェクト運営研究会での打ち合わせ風景

<各種研究会の紹介>

フレームワーク研究会、設計手法研究会、DB研究会、ネットワーク研究会、上級SE研究会、コーチング研究会、
プロジェクト運営研究会、プレゼンテーション研究会など

<知識力>研修

協力会社:株式会社iTEC

「資格試験専門の外部講師」として協力会社の『株式会社iTEC』様を招き、基本情報・応用情報技術者試験を始め、
各種資格試験の対策講座を開催し、社員の資格取得・キャリアアップを目指します。
また、資格を取得した社員には、取得した資格に応じた祝金を一時金として支給しています。

協力会社(株式会社iTEC様)による基本情報技術者試験対策講座の風景

基本情報技術者試験対策講座(FE)

入社1~2年目の社員や初級~中級プログラマを対象として、基本情報技術者試験の合格を目指した対策講座を開いています。
専門講師が全3回にわたって講習を行い、最後の講習後には模擬試験も行っています。

写真:
協力会社(株式会社iTEC様)による基本情報技術者試験対策講座の風景
協力会社(株式会社iTEC様)による応用情報技術者試験対策講座の風景

応用情報技術者試験対策講座(AP)

基本情報技術者試験合格者や中級~上級プログラマを対象として、応用情報技術者試験の合格を目指した対策講座を開いています。
基本情報技術者試験対策講座と同じく専門講師が講習を行い、社員の資格取得をサポートしています。

写真:
協力会社(株式会社iTEC様)による応用情報技術者試験対策講座の風景
※各対策講座の種類や内容は状況により変更になる場合があります。

その他、高度情報処理技術者試験対策講座

システムアーキテクト、プロジェクトリーダ、ネットワークスペシャリストなどの各種試験対策講座、および、
高度情報処理試験における「論文対策講座」を順次開催予定です。

<人間力>研修

協力会社:株式会社ブレイン・サプライ

協力会社の『株式会社ブレイン・サプライ』様より中小企業診断士を講師として招き、
人材育成のプロが、社会人とは?、役職者とは?との観点で、
それぞれの立場における考え方、あるべき姿を身につけるための講習会を実施します。

協力会社(株式会社ブレイン・サプライ様)による「管理者に求められるリーダシップ」の講習会風景

役職者向け講習会

主任とは?課長とは?部長とは?マネージャとは?との観点で、今までの企業では、「見て、慣れて、覚えろ」とされてきた役職者に対する教育を、中小企業診断士の立場から、講義を通して具体的に解説してもらい、自身の役職者としての目的・目標を見直す機会としています。

写真:
協力会社(株式会社ブレイン・サプライ様)による「管理者に求められるリーダシップ」の講習会風景
協力会社(株式会社ブレイン・サプライ様)による「報告・連絡・相談と業務品質の関係」の講習会風

一般社員向け講習会

一般的に、報告・連絡・相談と一括りにされていますが、相談をする事の重要性を知り、その上で、業務品質とは何かを知り、社員として必要とされている考え方、とるべき行動を見直します。
そして、人としての成長を行い、様々な人が協力する事で、会社や部署、そして自分自身が仕事を見直す機会としています。

写真:
協力会社(株式会社ブレイン・サプライ様)による「報告・連絡・相談と業務品質の関係」の講習会風

また、講習会では論理的な説明を聞くだけでなく、ワーク(演習)を通じて様々なツールの使用方法を、実際に活用しながら学びます。


<ワーク(演習)で活用するツールの一例>

8マスチャート

『8マスチャート』

目標項目を設定し、8つの行動計画を立案しながら「本質課題のあぶり出し」を行います。

ロジックツリー

『ロジックツリー』

「なぜ?」を繰り返しながら思考の過程を可視化し、問題の真因を特定します。

ジョハリの窓

『ジョハリの窓』

MECE(モレなく、ダブりなく)の考えの精度を高めるアプローチ手法として、物事を整理する際に活用します。

特性要因図

『特性要因図』

結果(特性)に原因(要因)がどの様に影響しているかを体系的に整理し、問題の関係性を明確化します。

行動目標シート

『行動目標シート』

KPI・KGIを設定し、具体的なアクションプラン(行動計画)への落とし込みを行います。

S・N変換表

『S・N変換表』

潜在的なビジネスチャンスをシーズとニーズのマトリクス分析で導き出します。


その他、各種マトリックス、PDCA管理、QC七つ道具など、実務で生かせる多数のツールを使用しています。

※<人間力>研修の内容は一例です。状況により変更になる場合があります。